こんな早くに野生のオンブバッタを見つけました。

目安時間:約 2分

今年2021年は梅雨入りがえらく早かったですね。

 

季節がいつもの違うせいなのか、

あまりにも早い時期にオンブバッタを見つけました。

 

5月6日(木)のちょうどゴールデンウイーク明けの日です。

 

散歩の帰りに下を見て歩いていると、

メスの完全な成虫のオンブバッタがおりました。

 

最初はいたらいいな、ぐらいの気楽な気持ちで

見ていたら、本物がいました。

 

この時期に成虫ということは、

2月の下旬か3月ぐらいに生まれたということが推察されます。

 

3月は時々暖かい日もあったので、

間違えて出てきちゃったのでしょうか。

 

それにしてもあの寒空を

生き抜いてきたのが凄いです。

 

同時期に生まれた子は他にいないのだろうか。

一人で孤独に生きてきたのか。

 

いろんなことを考えてしまいました。

 

ぴょんと飛んで茂みに消えてしまったのですが、

今、我が家にいるバッタちゃんにも会わせたかったな~。


春を迎えたオンブバッタ

目安時間:約 3分

長い寒い冬が終わり、

ようやく春がやってきました。

 

といってもまだまだ風が強い日もありますが、
日中はだいぶ暖かくなってきたと思います。

 

お我が家のオンブバッタも冬を越え、
春の日を過ごしています。

 

春を迎えるまで生きていて欲しいなと
毎年思うことですが、
実際に冬を越えるケースは数少ないので、

こうして春を迎えられたことが嬉しいです。

 

記念に4月に写真を撮りました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

桜を見せてあげることができました。

近くにハトが何匹かいたので、
少し緊張しましたが、

 

桜の花に触れあうことができました。

 

久しぶりに見る外景色なので
バッタちゃんも興味津々だったように思います。

 

桜の花の色とバッタちゃんの薄い緑色が
程よい調和をしているように見えます。

 

あとどれくらい生きられるのか、わかりませんが、
もっともっと長生きしてもらいたいです。

 

赤ちゃんバッタに会わせたいですね。


冬至を迎えるバッタちゃん

目安時間:約 3分

2020年の冬至12月21日です。

 

我が家のバッタちゃんたちも

なんとか無事に冬至を迎えることができました。

 

メスが3匹生き延びておりますが、

今のところ大きな体調不良もなさそうです。

 

寒波が来るときは心配でしたが、

乗り越えました。

 

 

ではバッタちゃんたちの様子を少し。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

バッタちゃんたちはどうして上に上にのぼろうとするんでしょうかね。

 

枝があれば上に登り、
基本的には天井にさかさまにぶら下がっています。

 

ずっとぶら下がってしんどくないんでしょうか。


消えたバッタちゃん

目安時間:約 3分

帰宅してから、ケースを見ると

1匹バッタちゃんがないくなっていました。

 

母に聞いたところ、餌をあげようと

一度フタを開けた模様。1匹飛び出してきたが、ちゃんとまた入れたと。

 

その時に他のバッタちゃんもどこかへ行ってしまったのかと思いました。

 

 

いつも、いなくなることがあっても、

割と見つかることが多いので、まあ見つかるさと(心の中では焦りながらも)考えていました。

 

天井にいるんじゃないか。壁に張り付いているのではないか。

いろんな予想をしながら探していたものの見つからず、

約3日が経ちました。

 

もう、見つからないかも。

 

そう諦めの気持ちが出てきた夜、

布団を下ろし、足に薬を塗ろうとしたとき、足になにやら感触が。

 

ふと目の前をみるとPCの前に床にバッタちゃんがいるではありませんか!

 

 

なんで今ここにいるの?と思いつつも慌ててケースに戻しました。

 

ちゃんと食事をしていないのが一番の心配でした。

 

 

この件は落着したのですが、

また別の日のことです。

 

朝に様子を見ると、横に倒れていて2匹がとても調子が悪そうでした。

水に濡れていて、黒い液があり、ぐったりしていました。

 

もうダメかもと思い、取り出してケースの上で様子を見ていました。

 

仕事から帰ってくるとまた別のバッタちゃん2匹が調子が悪く

また取り出して、世話をしていました。

 

寝る前には見てみるとオスが動いてジャンプできるぐらいに回復。

メスも弱りながらもなんとか生きていました。

 

朝に調子が悪かった2匹のバッタちゃんのことを母に聞いたところ、

全然知らないと。

 

動きが悪い感じだったのでそのままにしていたものの、

回復して動いてどこかへ行ったのか?

 

それとも天に返って姿を消したのか?

 

どこかにいるのではと思いながらも、

まだこの2匹のバッタちゃんは見つかっていません。

 

 

もう3日以上経ちます。そろそろ戻って来てほしいものです。


カテゴリ:未分類  [コメント:4]

バッタライフはやはり楽しい

目安時間:約 4分

2020年の夏はかなりの猛暑でしたね。

私もこの暑さに、まいってしまい、家で耐え忍ぶ日々でした。

比較的に熱のこもりやすい家なので、

部屋の中でも暑いところは35度を超えたり、

なかなか厳しい季節でした。

 

家からもあまり出ず、

庭のバッタちゃんたちの様子もあまり見ることができませんでした。

 

時々見ると、オンブバッタの数は少なかったです。

ショウリョウバッタはいつも多く、

今年はトノサマバッタが何故かいました。

 

小学生の時に飼ったのはトノサマバッタだったので、

ちょっとでかいけど、飼ってみたい気もします。

 

さて、夏の猛暑も収まったきた9月中旬ごろ、

知り合いの家にオンブバッタがいるということで、

採集しにお邪魔してきました。

 

オスメス、幼虫、成虫と8匹ほどゲットして

やっと飼い始めることができました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

やっぱり家にいてくれるだけで癒されますね。
小さい子が脱皮したり、オスとメスがオンブしたりと、
秋はバッタちゃんを見るのにいい季節です。

 

昨日、ケースを見ていたら、

一匹がどうしてもいなくて、

どうしたのかと心配していました。

 

母が水やりしたときに逃げ出したのか、

ケースの隙間をから出たのか、なんでだろうと。

 

辺りを探しても見つからず、しょうがないなと思い、

いつもの場所にケースを置き就寝しました。

 

今朝起きて、朝食を食べ、ネットを見たりして

過ごしていく中で、ふと飼育ケースを見ると、

 

飼育ケースの外側に一匹のオスがくっついています。

 

 

「見つけた!」と一瞬に確保して、

8匹一緒の生活が戻りました。

 

仲間を見つけて近寄ったかの、

エサ欲しくなり戻ってきたのか、

理由はわかりませんが、戻って来てくれた嬉しいです。

 

昨日は一体どこにいたのかという謎は残ったままですが、

そんなところがバッタちゃんらしいといったところでしょうか。


1 2 3 16
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント

ページの先頭へ